ハロゲンやHIDとは?LEDランプとの違いやそれぞれの用途について

ハロゲンやHIDとは?LEDランプとの違いやそれぞれの用途について

採光が入らない場所や日が落ちて暗くなった夜の室内を照らすもの、それが照明ですが、どんなに効果的で優れた照明器具があっても、
明るさの光源である「ランプ(電球)」がないと始まりません。
そこで今回は、照明用に使うランプの中から、「LED」、「ハロゲン」、「HID」という3つの種類の製品に注目して、
その特徴や用途についてまとめていますので、これから照明器具やランプ、電球などを選ぶという際にはぜひ以下の内容をご参考ください。
 

さまざまな種類が存在する照明用のランプ!

照明用のランプのうち、「LED」や「白熱灯」、「蛍光灯」という言葉をよく聞きます。
LEDは住宅や施設などの装飾用のイルミネーションのランプとしてもよく利用されますし、白熱灯は昔ながらの温かみのある灯りが人気のあるランプです。
そして、蛍光灯は白熱灯に変わるランプとして現代における主流とされるランプです。
LEDや白熱灯、蛍光灯と一口にいっても、これらのランプをさらに詳しくみるとメーカーによって特徴や特性の違ったランプが多数存在するため、
住まいや環境、そして目的に合わせた照明器具選びがしやすくなっているともいえます。
以下では、照明用のランプの中から「LED」、「ハロゲン」、「HID」についてご紹介します。
 
用途に合わせて効果的に選ぶことが重要!
このように、電球やランプといってもその使い道や用途はさまざまであり、それぞれに合った使い方をすることで
より効果的な照明を生みだすことができるのです。
必ずしも一つの電球やランプにこだわる必要はないので、照明を設置する目的や暮らし方などを明確にしたうえで適切な製品を選ぶことが
大切なことだといえるでしょう。




  橿原 不動産